もももモバイルもんちっち

はい!モンチです!

 

旅行編 〜その5

 

あらすじ

悪魔連合軍との祝賀旅行!われわれは温泉につかりビールを飲んだ

あらすじ終わり

 

ご飯!

特別室みたいな部屋に案内されたよ!

 

最上座に座らされたの!

 

こんなの人生初めてだよ!

 

太平が立ち上がって音頭を取るの

 

太平「モンチさん。長い間お勤めご苦労様でござんした。

正直、モンチさんが執行猶予無しの実刑をくろうたときは、
あぁ当然だと、全然驚きもしなかったのでございやすが

毎日勉強を頑張るモンチさんのこと、なぁに2-3年も模範囚をしてりゃ出てきやすぜ。と鷹をくくっておりやした。

これがあれよアレよという間に刑期が延び、よもや無期懲役かと胸を痛めておったのでございますが。
ついについにの、この度の、8年越しの
仮出所

いやぁめでてぇ日でございやす。あたくし達、ささやかばかりでございますが、一門で宴席をご用意させていただきやした。

今宵はモンチさんにシャバの空気を存分に吸い込んで頂いて、華も十分にご用意できないケチなあっしらでございやすが、ともに般若湯を酌み交わしたく存じます(原文ほぼまま)」

 
 

何なの?やっぱりヤクザなの?

即興なの?落語なの?脳みそどうなってんの?

特別個室で本当に良かったの!
 

周りに人がいたら通報もんなの!

 

太平「それでは、乾杯の音頭をモンチさんに取って頂きたく存じます。よろしくお願い申し上げます」

 

パチパチパチパチ

 

そんなん聞いてないよ

 

モンチ「あわわわわ。あの、本出所です」

 

ドカンと受けたよ!

人生で一番受けた瞬間かもしれないよ!

 
 

モンチ「自分は模範囚のつもりだったんですが、お上の意向とはてんで的外れな努力をしていたようです」

 

野次「いよっ!生きる非効率!太陽パネル!にくいねっ!」

 

モンチ「そんな要領の悪い僕が、もしも何かの間違いで現役で受かってたら、ヘマをして患者さんを殺してたかもしれません。そういう意味で僕は罪人でした」

 

野次「良いことに気がついた!

 

モンチ「長く時間がかかったのは僕の責任です。模範囚では無かったですが、自分のやり方で、しっかりお勤めをして、綺麗な体になって戻ってきました」

 

野次「綺麗な童貞!

 

モンチ「ムショにいる間、ずっと今日の酒を楽しみにしてました。今日は飲みましょう。乾杯!」

 

乾杯

 

果実酒をグイッと飲み干したよ

胸一杯すぎて、どんな味だったか思い出せないの!

ただ凄く優しい香りが、鼻に吹き込んでくるような

なんだろ。小学校の帰り道、家の扉をあけた瞬間、ホットケーキの存在を知るような

そんな甘くてノスタルジックなそよ風だったよ!

 
生ビールが来たよ!
 

次々に料理が出てきたよ!

前菜、アワビとかのお刺身盛り合わせ、焼き物、天ぷら、和牛のステーキ、なんか良い豚のしゃぶしゃぶ、茶碗蒸し、etc

 

全部写真に撮るつもりだったけど

ビールが進んだら綺麗さっぱり忘れ去ってたよ!

 
 

パピコ君「モンチ。今日はおめでとうの日だろ?コレあげる

 

天ぷらをくれたよ

 

モンチ「いいんだよ、気持ちだけありがとう。パピコ君が食べなよ」

 

パピコ君「モンチが食べた方が嬉しいからあげる

 

モンチ「…あ、ありがとう」

 

パピコ君は超絶イケメンだよ!

 
 

悪魔1号「パピコはあんまり天ぷら好きじゃないもんねー」

 

パピコ君「うん、好きじゃ無い!つーか嫌い!

 

残り物処理要員だったよ!

 

 

お勤め終えたの 僕モンチ!

長い懲役 モンチッチ!

挨拶メチャクチャ 僕モンチ!

それも味わい モンチッチ!

↓投票ボタン!押して押してー! 

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村