悪魔2号に薦められて「ある男」っていう

平野啓一郎の小説を読んだの


凄かったの

ぐいぐい引き込まれて、寝不足になりながら読み切ったの


謎が謎を産んで、謎まみれ。謎フルコースで、最後にキュッと締まるの!

ドキドキワクワクしながら小説読むなんて久しぶりだったの!


面白かったよ、ありがとう!


悪魔2号「感想は?」

モンチ「ドキドキワクワクしたの!」

悪魔2号「それは感想では無い。感想は?

モンチ「むむむむむ胸が高鳴って、眠れないくらい面白かったの!!!」

悪魔2号「それは感想ではない。感想は?



なんで僕は常に圧迫面接されてるの?



モンチ「あわわわわ。なんかよく分からないけど面白かったの!」


悪魔2号「そのなんかよく分からんトコロをいかに掘り下げていくのか?ってところが感想なんじゃー。何か一言でも良い。お前らしい。お前の一撃を刻むような感想を言うんじゃ。このモンチめぇえええええ!!!」



モンチ「あわわわわ。さささ、さすがは悪魔2号だよ!面白い小説を薦める才能があるよ!センスの塊だよ!小説を読まない僕が眠れないほど凄いよ!」


悪魔2号「



意外と効いたよ! 意外にもお世辞に弱かったよ!


その後『ある男』の面白さについて教えてくれたの

ネタバレしない程度にここに垂れ流すの



・国籍とか家柄とか性別とか、人間はどうしようもない性質を背負いながら生まれてきてしまう

・それは良くも悪くもしかたない。どうしてもしかたない

・そういうモノから、自分の名前を捨てるように逃げ出してしまう人もいる

・だけど結局は逃げられやしない

・とにかくずっと、逃げた事実も含めてついてまわってしまう

・そんなものと、少しでも。回りくどくても。なんとか向かい合って、自分の苦しみを越えていこうとする。そんな逞しく切ない男達の物語

・自分も含めて、自分より弱いモノが少しでもぬくもりの中、成長していけますようにって願い続け、傷に向かう、温かい男達の物語


モンチ「
悪魔2号は深読みしすぎだよ!小説家はそんなこと考えてないと思うよ



とは、言わなかったよ!
 



小説って色んな見方があるんだね!

人の感想を聞いてビックリしたよ!


モンモンもごもごモンチッチ!

↓投票ボタン!押して押してー! 

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村